スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスタシー \(∵)/ !!! 

リトルバスターズの18禁版が出るそうな。
タイトルはリトルバスターズEX(エクスタシー)
エクスタシー \(∵)/ !!!
ギリシア語である事を信じたい。
まさか絶頂ではないだろ?魂の現出だろ?
とりあえず、佳奈多と佐々美ルート追加とか。
へー。ほー。ふーん。
取り敢えず、クドルートにラブラブなののと、陵辱的なもの追加はガチ。
これは、MOON.以来の事態ですな。まぁ、18禁とかそういうのは構わないんですよ。エロとかそう言うのでなくて、血とか諸共に関する表現の自由度が増えますからね。そう言う所に期待です。
まぁ、だーまえが書かないんならそこまで問題ある挿入の仕方はしないだろう。
美魚ルートとかもバッドエンドだろうなー。美魚悲しいっす。
とりあえず、葉留佳ちんから派生されると思われる佳奈多ルートを妄想してみた。

あ、それとリトルバスターズのMADを軍魔氏が作成したのでリンク作成します。
これは、少しずるいぜ。感動したぜ。あ、少し荒れてるんでコメント非表示推奨です。
なんか、高画質で荒れてないのは見られないんで今はこちらで勘弁を。
リトルバスターズ! I'm not acared
あと、昔感動したリトバスMADも乗っけます。
リトルバスターズ! 終わる世界たちに最後のユメを
リトルバスターズ! 覚えてていいよ
リトルバスターズ! Refrain風OP 『idea』 
リトルバスターズ! Smile of you
リトルバスターズ! 全力少年少女
リトルバスターズ! Nero
リトルバスターズ! 送電塔のミドリ(美魚MAD)
リトルバスターズ! 歓びの種(葉留佳MAD)
エクスタシー \(∵)/ !!!発表記念だ。
今日は、リトルラブロリハンター・筋肉☆齋藤!エクスタシー \(∵)/ 祭りだぜ!!!

それでは、久しぶりに文章でもどうぞ。
『過ちを越えて (佳奈多ルート妄想)』

彼女との始めての味は、血の味だった・・・・・・。

01.『僕と彼女の居る風景』

 僕は、葉留佳さんを抱きしめる。彼女の部屋でのいつもの行為。
 始めてした時は、葉留佳さんにされるがままだった僕も、今では彼女をリードできるようになっていた。行為が終わった後、顔を赤らめながら呆ける葉留佳さんを抱きしめるのが、僕の最近の楽しみだ。
 葉留佳さんが僕の胸に顔を埋める。特徴的なツーテールの髪の毛が僕の鼻を擽る。彼女の身体を包む柑橘系の匂いが僕の鼻腔へ入り込んでくる。
「ねぇ、理樹くん」
「どうしたの葉留佳さん?」
「うんとね。今日・・・何だけどさ」
 葉留佳さんが指をクルクルと回す。僕の胸の上を滑る指の感触がくすぐったくて仕方がない。葉留佳さんの顔は茹でたタコみたいに真っ赤になっていて、頭の上からは湯気が噴出している。抱きしめられた体勢のまま隠された口元があわあわとどもっている。
「えっと、そういうにされてても分かりづらいんだけど・・・」
 そう言って、助け船を出す。最近分かった事なんだけど、葉留佳さんに優しくする時は少し意地悪な方が良いみたいだ。その証拠に、意を決した葉留佳さんが顔を上げて僕に想いを伝えた。
「今日、誰も帰ってこないし・・・理樹くん・・・・・・泊まっていかないかなーなんて・・・あはは・・・無理、だよね・・・うん」
「うん、良いよ」
「ほら、やっぱり・・・って、ええっ!?良いの理樹くん!?」
「僕は構わないよ。うん。いつまででもこのままで居たい感じだけど?」
「あう・・・」
 葉留佳さんがまた顔を埋めた。
「でも、良いの?することなんて、ママレードと卵食べることと・・・ほら、アレくらいしかないよ?」
「アレって?」
 僕はそれが何か分かっている。だけど、あえて知らないフリをする。照れて真っ赤になった葉留佳さんの可愛い顔が見たいから。僕は彼女に意地悪をする。
「うう、理樹くん酷いですよ。それは反則ですよ?」
「教えてよ。じゃないと、僕は帰っちゃうかもよ」
「むぅ・・・・・・」
 葉留佳さんがさらに顔を赤くする。少しして、覚悟を決めた彼女が囁いた。
「アレって・・・そのエッチな事・・・とか・・・・・・」
 そういってから僕に見せたその顔が、反則的に可愛かった。
「その顔、来ヶ谷さんとかに見せてあげたいくらい可愛いよ」
 そう言いながら頭を撫でてあげる。葉留佳さんが嬉しそうに笑いながら僕の首筋にキスする。僕はお返しに彼女の頬にキスを返す。
「姉御に見せたら、大変な事になっちゃいますよ・・・」
「うん、だから僕だけのものにする」
 そして、唇を重ね合わせての長いキスをする。

 この頃の僕達は知らなかった。
 僕達の世界が、本当はとっても壊れやすい世界で・・・・・・。
 幸せな時間は、本当に短すぎるモノなんだって言う事に・・・・・・。

01.『僕と彼女のいる風景』/了
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kishitapphoenix.blog68.fc2.com/tb.php/319-25c0a84d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。