スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフラフ 

ラフ絵とか公開。
相変わらず見づらいと思います。
とりあえず、イメージ絵をうp。+アルターデザインを公開。
アルターのデザインは続きに。
あの群青を越えて行け(RAGNAROCK)

↑一応、主人公とそのアルターです。後ろにいるのは、後期ペルソナみたいなもんだと思ってください。まぁ、勘の良い人なら、こいつが何て言う神かは分かると思いますよ。ヒントは、サマエルとアヴァロンです。(∀ではありませんよ。悪しからず)
 ・アルターデザイン
○サマエル
サマエル1
主人公である葛葉明流のアルター。膝までしか身体が存在しない人型としては希有なアルターで、身体の各パーツが球状の物体によって浮遊する形でボディを形作っている。背中から生えた黒い羽で空を飛ぶ事も可能で、五本あるかぎ爪状の指からは影の刃を飛ばす事が出来る。近~中距離戦に優れたアルターで、その得意な形状故に相手に間合いを計られづらい。
(メガテンシリーズの○ールがイメージ元です。誰でしょうねぇ?ヒントは真・Ⅲです)

○ニュクス
ニュクス1
雨森風綺のアルター。身体を隠す闇のローブに包まれた豊満な肉体を持つ美女。ローブは夜を象徴した仕様であり、蝙蝠の翼に変えて滑空する事が出来る。手に持った魔本には、夜と闇に関する混沌の知識に関する情報が描かれており、封印をする為に月の石で作られた幾重もの鎖で縛られている。近~中距離戦では鎖を武器にし、遠距離戦では強大な威力を誇る闇の魔術を扱う。鎖は月の石で作られた為、抜群の切れ味を誇る為全範囲でバランスよく戦えるアルターと言える。
(デザイン終わった後に気付いたけど、これどー見てもキャ○ターさん・・・。)

○オーディン=トリスメギストス
オーディン=トリスメギストス1
刈谷望のアルター。頭部と背中から吹き出る燃えさかる炎のような鬣が特徴的なアルター。兜の中にある瞳と、顎にある瞳は実際の目ではなく、神聖の現れである。身体全体が鎧で構成されており、肉は存在しない。それ故、かなりの防御力を持つが、強い衝撃に弱い。武装であるグングニルとスレイプニルを装備すれば最強格のアルターとなり得る存在であり、近~中距離に置いて、絶対的な攻撃力と突進力を誇る。
(少しP3のトリスメギストスのイメージに引っ張られた感のあるデザイン。まぁ、一応オリジナリティが出たから良いか。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kishitapphoenix.blog68.fc2.com/tb.php/340-841d1f57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。